まず、ビジネスマンの首コリというのは2種類あります。

『同じ姿勢』『ストレス』

この2つが大きい原因となっており、普段からこれらとどうやってうまく付き合っていくか?ということがとても大事になってきます。

 

同じ姿勢

同じ姿勢の問題点は、長時間動かさない筋肉を維持し続けることです。筋肉というのは動かすために作られている人間のパーツ。これを動かさないということは、体中の血液を滞らせることとなります。

なので、ベタですがデスクワークの合間に肩甲骨を回すことと首のストレッチが有効になってくるのです。

わかっちゃいるけど!

というあなたは、ストレッチを行う時間を決めてしまいましょう。優先的にスケジュールに組み込むのです。

首コリのせいで生産性が落ちているわけですから、首が楽になると仕事の効率も上がるということは間違いありません。

 

ストレス

都心部でバリバリ働かれているビジネスマンは、切っても切れないストレス。気分転換できるような趣味を持っているかどうか?が大切です。

それと、『満員電車に乗らない』これも大切な要因ですね。

会社に行く前もイライラ。

会社についてもイライラ。

会社から帰る時もイライラ。

解決方法は簡単。住む場所を変えるか、仕事を変えてしまえばいいのです。

仕事を変えれない理由の最大の原因は、年収が下がることが多いでしょう。そして、生活レベルを落とすことができないので自ら選択肢を狭めてしまっていることもあると思います。

しかし、長い人生を見て、それほど使命感に溢れる仕事で無ければお金に左右されずにさっさと辞めてしまい、違う仕事に変えるということも大事だと感じます。

 

まとめ

都内のビジネスマンは、収入がいい反面大変なお仕事が多いと思います。無理して体を壊してしまう前に、都内で働きたい方はメンテナンスで筋肉をほぐすことが大切だ!ということを頭に置いておいてくださいね。

アスリートだって体のケアをすることが2日なので、ビジネスマンも立派なアスリートと変わりません。首コリを緩和させ仕事の効率を上げていきましょうね。

The following two tabs change content below.
京都生まれ京都育ち。首こりをはじめ、お医者さんでは改善できない、体の不調を抱える人の役に立つため、東京青山へ上京。足で踏んで筋肉をほぐす足圧と言う技術を用いて、慢性症状改善に導くスペシャリスト。有名人やモデル、アスリート、経営者などプロフェッショナルに活躍する顧客も多数。